「親子の絆ネットワーク」ファーザーズウェブサイト 親子の交流を守る会
ユーザログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

メモリーズ(旧コンテンツ)

アクセスカウンタ
総計 :2458713245871324587132458713245871324587132458713

連絡事項:オープン掲示板の運用を一時休止します。
不適切投稿(商品販売目的)の多発によりオープン掲示板の投稿を一時休止閲覧のみとさせていただきます。
また、同理由から新規ユーザ登録につきましても一時休止といたします。

2013/05/23 Fathers'Website管理人 エンジェル
オープン掲示板メニュー(ゲスト用)
オープン掲示板 TOP
【仮運用】イベント告知板
離婚直面
共同親権
面接相談
オープン掲示板への投稿にはユーザ登録が必要です。
ユーザ登録は24時間いつでもOK!ぜひご参加下さい。
ユーザ登録は->こちら
 
メイン
 
共同親権
 
平成22年度少年非行概要(児童虐待)
 
   
   
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
太田@蝦夷地
投稿日時: 2011-2-25 15:36
長老
登録日: 2005-6-21
居住地: 松前藩蝦夷地
投稿: 226
平成22年度少年非行概要(児童虐待)
既にメディアにとってニュースとしての価値がないのかどのメディアも報道しないのがとても残念です。

2月24日に警察庁より平成22年度少年非行等の概要(児童虐待)が発表されました。

http://www.npa.go.jp/safetylife/syonen/shounennhikou220224.pdf

なんと児童虐待事件の検挙者数は過去最大となっており、殺人に関しては昨年よりも増加しています。あいかわらず、実父109人、実母108人より「継父・養父・内縁」の合計150人です。この数字から被害児童の半数は両親の離婚を経験した児童であるといえます。

急激な少子化に伴い児童が巻き込まれる犯罪や事件が減少しているのにもかかわらず「児童虐待」だけは増加となっているわけです。

単独親権制度がもたらしている児童にとっての悲劇としかいいようがありません。さっさとハーグ条約を批准し欧米並みに国内法を単独親権から共同親権へと改正しない限り、この数字は変わっていかないでしょう。単独親権制度そのものが児童虐待の温床制度といっても過言ではないし、もはや単独親権制度は子どもにとって最悪の制度となっております。

ハーグ条約批准を突破口とし単独親権改め共同親権へとチェンジすることが21世紀の子ども達の幸福へとなっていくでしょう。

ちなみに児童虐待における総括数値統計は

P16・17  P37・38・39・40・41・42・43

です。


----------------
書いたのはラーメン大好き親父の太田@蝦夷地でした

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

 
関連図書(新刊紹介)

皆さんの推奨アイテム紹介


Copyright (c) 2005 Fathers'Website All rights reserved.