「親子の絆ネットワーク」ファーザーズウェブサイト 親子の交流を守る会
ユーザログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

メモリーズ(旧コンテンツ)

アクセスカウンタ
総計 :2462959246295924629592462959246295924629592462959

連絡事項:オープン掲示板の運用を一時休止します。
不適切投稿(商品販売目的)の多発によりオープン掲示板の投稿を一時休止閲覧のみとさせていただきます。
また、同理由から新規ユーザ登録につきましても一時休止といたします。

2013/05/23 Fathers'Website管理人 エンジェル
オープン掲示板メニュー(ゲスト用)
オープン掲示板 TOP
【仮運用】イベント告知板
離婚直面
共同親権
面接相談
オープン掲示板への投稿にはユーザ登録が必要です。
ユーザ登録は24時間いつでもOK!ぜひご参加下さい。
ユーザ登録は->こちら
 
メイン
 
共同親権
 
この国はどこに向かっているのか
 
   
   
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
太田@蝦夷地
投稿日時: 2010-8-6 14:17
長老
登録日: 2005-6-21
居住地: 松前藩蝦夷地
投稿: 226
この国はどこに向かっているのか
大変ご無沙汰の投稿です。先日警察庁より、少年非行等概要(平成22年度上半期)が発表されました。

http://www.npa.go.jp/safetylife/syonen/syounennhikoutounogaiyou220805.pdf

児童虐待事件の検挙者数は過去最大となり、且つ被害児童の半数以上が両親の離婚を経験しているものと推測されます。児童虐待防止法が名ばかり防止法としか言わざる得ないし、昨年民主党が第一党となって政権交代し、少子化対策として子ども手当て支給となりましたが、政権後退としか言わざる得ません。夫婦別姓や外国人参政権よりも先にやることがあるだろうです。即刻ハーグ条約26号を批准し共同親権という概念を法制化することです。そうしないかぎり児童虐待事件は後を絶たないと予言しておきます。

先日大阪で幼児遺棄事件がありました。この事件も共同親権という概念がほんの少しでもあったらおこらなかったのかも知れません。

所在不明の高齢者、100歳を過ぎた親を実子がどこにいるのかわかりませんじゃ開いた口がふさがりません。石原知事じゃないけど昔の日本ならこんな事件おきるわけがありませんでした。身元不明の死者が相当数にのぼると言います。離婚率が増加し単独親権のままなら、今後親がどういう状態なのか知らない、もしくは生死もわからない子どもが続出するでしょうね。国民総背番号制にして、生まれたらDNAを採取して、国家がデータベース化し、即過去の年金・税金納付記録や疾病、親族の身元が分かるようなシステムが必要でしょう。

家族というのは国家を形成する最小のユニットです。その家族の絆が崩壊していては国家なんぞ衰退していくだけです。日本丸はどこに向かっているのでしょうか。


----------------
書いたのはラーメン大好き親父の太田@蝦夷地でした

usausa
投稿日時: 2010-8-17 16:17
新米
登録日: 2008-3-30
居住地: 東京
投稿: 1
Re: この国はどこに向かっているのか
太田@蝦夷地さま

初めて返信いたしますが、全く同感の極みです。
早く共同親権の実現が期待されます。
今の日本の在り様はとても悲観的です。ご指摘の内容以外でも年間で約3万人もの自殺者を出し、先進国トップというのはなるほど国家の衰退は間違いないと思われます。

この夏の猛暑は世界規模で、今後の地球環境の不安もあるのにこの国の内情がまだまだ熟しない、稚拙な、知恵の少ない政治家達で占められ暮らしていかなければならない。悲しいです。
子供たちともなかなか会えない苦しさと・・・。
まだまだしなければいけないことがたくさんあるのに。

usausa
太田@蝦夷地
投稿日時: 2010-8-18 14:37
長老
登録日: 2005-6-21
居住地: 松前藩蝦夷地
投稿: 226
Re: この国はどこに向かっているのか
usausaさん書き込みありがとうございます。

http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010081401000188.html

8月14日に日本政府のハーグ条約締結が来年にもと、報道されましたね。まだ真偽はわかりませんが。ある米国人父親より日本が未加盟であると知らされF’sでは約8年前からハーグ条約について話題にしてきましたので感慨深いものがあります。

ハーグ条約に関して反対意見もいろいろとあるようですが、今まで門前払いだった案件が交渉テーブルにつきますとの決意表明みたいなものですから、前進と言えます。今回国内法は見直さないとの報道ですが、子の略取に関しては二国間の問題ですから、相手国が納得しない限り締結は無理となります。これから二国間の交渉過程で国内の民法を改正していかないと絵に描いた餅になるだろうと思うし、子どもの成長は待ってくれませんから、早期の締結を各国は日本に要求してくるものだろうと思います。

国際社会においてこのままハーグ条約加盟しないとなれば、六カ国協議に参加しない北朝鮮と同等のような扱いとなるでしょう。交渉テーブルにつくことで、欧米を中心とした親子法の風が吹きこんでくると思います。共同親権という概念がなければ二国間の締結は無理と思いますし、現段階での反対表明は稚拙ではないかなと思う次第です。

今回の締結報道は共同親権を望む人達にとっては小さな一歩かも知れませんが、結果共同親権を実現できる親子が増えると思えばいいのではないでしょうか。民主党にはまったく期待していませんが、せめてハーグ条約を締結することで政権交代の意義をアッピールして欲しいものですね。 これこそ政治主導だと思うのですけど・・・


----------------
書いたのはラーメン大好き親父の太田@蝦夷地でした

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

 
関連図書(新刊紹介)

皆さんの推奨アイテム紹介


Copyright (c) 2005 Fathers'Website All rights reserved.