「親子の絆ネットワーク」ファーザーズウェブサイト 親子の交流を守る会
ユーザログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

メモリーズ(旧コンテンツ)

アクセスカウンタ
総計 :2462151246215124621512462151246215124621512462151

連絡事項:オープン掲示板の運用を一時休止します。
不適切投稿(商品販売目的)の多発によりオープン掲示板の投稿を一時休止閲覧のみとさせていただきます。
また、同理由から新規ユーザ登録につきましても一時休止といたします。

2013/05/23 Fathers'Website管理人 エンジェル
オープン掲示板メニュー(ゲスト用)
オープン掲示板 TOP
【仮運用】イベント告知板
離婚直面
共同親権
面接相談
オープン掲示板への投稿にはユーザ登録が必要です。
ユーザ登録は24時間いつでもOK!ぜひご参加下さい。
ユーザ登録は->こちら
 
メイン
 
共同親権
 
名古屋市会から国に意見書!
 
   
   
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
中野
投稿日時: 2009-10-4 6:14
長老
登録日: 2005-10-8
居住地: 神戸
投稿: 802
名古屋市会から国に意見書!
名古屋の外国人当事者であるケビン・ブラウンさんからの情報です。

名古屋市会から国に対して親権制度の見直し等を求める意見書が提出されました!

「共同親権」という表現はありませんが、7月の西宮市議会からのものに近い内容です。

以下、最後まで意見書の転載です。



離婚後の親子の面会交流の法整備等に関する意見書

 我が国では、離婚に際し、民法第819条により子どもの親権を父母のどちらか一方に定める単独親権制度をとっている。また、民法第766条には、養育していない親と子どもとの面会交流についての規定がなく、親権者でない親と子は、お互い自由に交流することが法的に保障されていないため、裁判所で調停を経て面会交流の取り決めを行ったとしても、子どもとの交流は養育している親の意向に左右されているのが実情である。
 こうした実態は、離婚時における子どもの奪い合いを激化させる原因にもなっており、多様な親子や家族のあり方が模索される中、子どもの最善の利益を考え、その視点に立った改善が求められている。
 よって、名古屋市会は、国会及び政府に対し、離婚しても豊かな親子の交流を可能とするため、次の事項を実現するよう強く要望する。
1 DVや虐待等の事情も考慮して、離婚後、親権者でない親と子が、実効性のある面会交流が可能となるよう法整備を行うとともに、子どもの利益にかなう親権制度の見直し・検討を進めること。
2 第三者による仲介への支援、離婚後の親子関係についての教育プログラムの提供、子の年齢に応じた面接交渉のガイドラインの整備など、離婚後の親子の面会交流への公的支援体制を確立すること。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

平成21年9月30日

名古屋市会

衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣
総務大臣
法務大臣
厚生労働大臣 宛(各1通)
中野
投稿日時: 2009-10-30 0:01
長老
登録日: 2005-10-8
居住地: 神戸
投稿: 802
Re: 名古屋市会から国に意見書!
名古屋市会の次のところで出ています。
http://www.city.nagoya.jp/shikai/ikensyo/nagoya00072869.html

これの途中にある「離婚後の親子の面会交流の法整備等に関する意見書(PDF)(75KB)」です。
http://www.city.nagoya.jp/_res/usr/c/072/726/25_rikongonooyako.pdf
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

 
関連図書(新刊紹介)

皆さんの推奨アイテム紹介


Copyright (c) 2005 Fathers'Website All rights reserved.