「親子の絆ネットワーク」ファーザーズウェブサイト 親子の交流を守る会
ユーザログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

メモリーズ(旧コンテンツ)

アクセスカウンタ
総計 :2322954232295423229542322954232295423229542322954

連絡事項:オープン掲示板の運用を一時休止します。
不適切投稿(商品販売目的)の多発によりオープン掲示板の投稿を一時休止閲覧のみとさせていただきます。
また、同理由から新規ユーザ登録につきましても一時休止といたします。

2013/05/23 Fathers'Website管理人 エンジェル
オープン掲示板メニュー(ゲスト用)
オープン掲示板 TOP
【仮運用】イベント告知板
離婚直面
共同親権
面接相談
オープン掲示板への投稿にはユーザ登録が必要です。
ユーザ登録は24時間いつでもOK!ぜひご参加下さい。
ユーザ登録は->こちら
 
メイン
 
イベント告知板
 
講演「アメリカの共同監護と面会交流」5/20 14:00〜霞が関
 
   
   
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
富士山
投稿日時: 2013-4-23 15:10
一人前
登録日: 2011-1-10
居住地: 埼玉県
投稿: 139
講演「アメリカの共同監護と面会交流」5/20 14:00〜霞が関
転載いたします。

Kネットからの情報です。
かねてからこの件で尽力いただいている弁護士の棚瀬さんが中心となってアメリカの裁判官を呼んで講演会を開くことになり、平日の昼間に弁護士会館で開催で、会場を埋めて話題になればハーグ条約締結後に内外の法ギャップを意識させるためのいいきっかけ作りになり、アメリカの実務に携わった裁判官の生のお話しを聞くチャンスで、宣伝いただくとともにぜひご来場下さい。とのことです。

====== 【以下転載歓迎】 ======

●講演「アメリカの共同監護と面会交流」

ハーグ条約の加盟が目前に迫る中、離婚・未婚時の子の養育をめぐる日本と海外との法制度や考え方の違いが注目されています。
しかし実際に海外の共同監護がどのように実現されているのか、
日本にいる私たちは、断片的にしかわかりません。
アメリカのカリフォルニア州の家庭裁判所で長年にわたって離婚事件について扱ってこられたレオナード・エドワーズさんをお招きし、お話しいただきます。

アメリカでの共同監護や面会交流は裁判所でどう扱われるか?
実際にどうされているのか?
親権の考え方は? 法律は?
これからの日本の法制度をどうしていくか
……ともに考えましょう。

◎講演 レオナード・エドワーズさん
(Leonard Edwards、カリフォルニア州家庭裁判所元所長、シカゴロースクール教官、
カリフォルニア司法協会、長年裁判官として離婚と虐待の問題を扱ってきた。著書多数)
●日時 2013年5月20日 14:00開場14:30開始〜16:30
●場所 弁護士会館クレオBC
(東京都千代田区霞が関1丁目1番3号弁護士会館2階、地下鉄「霞ヶ関駅」B1-b出入口直結)
参加費無料(予約不要です。直接会場にお越し下さい)
*同時通訳有り
■主催 共同養育講演会・実行委員会
連絡先  03−5919−7501(棚瀬法律事務所) メール tanase@law-t.jp
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

 
関連図書(新刊紹介)

皆さんの推奨アイテム紹介


Copyright (c) 2005 Fathers'Website All rights reserved.