「親子の絆ネットワーク」ファーザーズウェブサイト 親子の交流を守る会
ユーザログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

メモリーズ(旧コンテンツ)

アクセスカウンタ
総計 :2462954246295424629542462954246295424629542462954

連絡事項:オープン掲示板の運用を一時休止します。
不適切投稿(商品販売目的)の多発によりオープン掲示板の投稿を一時休止閲覧のみとさせていただきます。
また、同理由から新規ユーザ登録につきましても一時休止といたします。

2013/05/23 Fathers'Website管理人 エンジェル
オープン掲示板メニュー(ゲスト用)
オープン掲示板 TOP
【仮運用】イベント告知板
離婚直面
共同親権
面接相談
オープン掲示板への投稿にはユーザ登録が必要です。
ユーザ登録は24時間いつでもOK!ぜひご参加下さい。
ユーザ登録は->こちら
 
メイン
 
離婚直面
 
実は多い女性から男性へのDV
 
   
   
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
富士山
投稿日時: 2012-6-10 1:13
一人前
登録日: 2011-1-10
居住地: 埼玉県
投稿: 139
実は多い女性から男性へのDV
男性が被害者になる「逆DV」も多発しています。


実は少なくない男性のDV被害者.

DV(ドメスティックバイオレンス)というと男性から女性へ、というのが真っ先に思い浮かびますが、実は「逆DV」とも呼ばれる女性から男性へのDVも多発しています。

男性は、公表する事を恥じて、世間には知られていない現実です。

DVとは、暴力の事だけではありません。
心理的に追い込み、相手を精神科に通う病人にしてしまうような事も・・・DVについてはきちんと具体的な定義が無いため、悪用する弁護士、女性が後を絶たない状況です。

そのことを明確表現している関係ページをご案内いたします。

  ↓

http://allabout.co.jp/gm/gc/185704/?__from=mixi


妻側の言動でDVに相当する内容を認識し、証拠としてボイスレコーダー、妻の精神科の診断書、男性が殴られたり、包丁で刺された場合の病院の診断書、理不尽な事を言われ続けて精神科に通った場合の診断書、男性側もいろいろと策を講じておかないと、足元すくわれます。

世の中の弁護士・家裁の関係者は殆どが女性有利に結論付けます。

備えあれば憂いなしです。

以上



スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

 
関連図書(新刊紹介)

皆さんの推奨アイテム紹介


Copyright (c) 2005 Fathers'Website All rights reserved.