「親子の絆ネットワーク」ファーザーズウェブサイト 親子の交流を守る会
ユーザログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

メモリーズ(旧コンテンツ)

アクセスカウンタ
総計 :2457948245794824579482457948245794824579482457948

連絡事項:オープン掲示板の運用を一時休止します。
不適切投稿(商品販売目的)の多発によりオープン掲示板の投稿を一時休止閲覧のみとさせていただきます。
また、同理由から新規ユーザ登録につきましても一時休止といたします。

2013/05/23 Fathers'Website管理人 エンジェル
オープン掲示板メニュー(ゲスト用)
オープン掲示板 TOP
【仮運用】イベント告知板
離婚直面
共同親権
面接相談
オープン掲示板への投稿にはユーザ登録が必要です。
ユーザ登録は24時間いつでもOK!ぜひご参加下さい。
ユーザ登録は->こちら
 
メイン
 
イベント告知板
 
8月22日・23日、NPOびじっとのイベントを行います♪
 
   
   
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
airabu
投稿日時: 2009-7-31 20:14
長老
登録日: 2006-12-25
居住地:
投稿: 188
8月22日・23日、NPOびじっとのイベントを行います♪
第2回 両親の離婚を経験する子どもたちの遊び場サークル
     『結yui』開催

NPOびじっと・離婚と子ども問題支援センターは、新しい子育て支援として、両親の離婚を経験する子どもたちの遊び場『結yui』をスタートいたしました。

多くの子どもたちは、自分の両親の離婚について人に話そうとはしたがりません。離婚の話を聞くと他人はタブーに触れてしまったとばかりに謝り、可哀想な子どもという目で見てしまいがちです。ですから離婚は子どもたちにとって罪深いことであり、同時に離婚の話しをしてしまうことで両親に迷惑をかけてしまうのではないかという漠然とした不安を覚えます。

そしてまた、幼ければ幼いほど、両親が離婚したのは自分自身が悪いからだという自責の念に駆られてしまいがちです。子どもは両親の離婚を止めることができない自分自身に無力感を感じ、自分は見捨てられたという思いから自尊心を喪失してしまうこともあります。そうしたなかで、子どもたちが成人しても社会生活に馴染めない理由として、『親の無関心のなかで育ち「また誰かに嫌われる」と自分に自信を持てず、将来への希望が見いだせないでいる』という悲観的な言動をとるようになります。

そこで、NPOびじっとでは、両親の離婚を経験する子どもたちの健全な自尊心の基盤として、自分の自己同一性(アイディンティティー)を見出させ、自分の家族や親族に依拠せずに、自分を1人の人間として見ることができるようにすることを大きな目的とした、子どもたちの遊び場『結yui』を開始することになりました。遊戯、工作、読み聞かせ、メディテーション、自己理解など、様々な実践を行います。子どもたちは、大いに楽しみながら、自分自身の心と対面し、両親の離婚を自分自身で乗り越えていけるようになり、新しい子育て支援として大きく注目されることが間違いないものと皆さまに確信していただけます。

1 日時  平成21年8月22日(日) 
       13時20分〜16時20分(受付開始 13時00分〜)

2 場所  板橋区立グリーンホール401会議室    
       東京都板橋区栄町36−1
       03-3579-2222

アクセス=都営地下鉄三田線板橋区役所前駅(A3出口)徒歩5分
       または
       東武東上線大山駅徒歩5分
       http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/002/002279.html

3 参加費  無料 (印刷代などの諸経費については別途、お支払いいただきます)

4 申込み先  当日でも参加を受け付けますが、資料等準備のため、
          事前に電話携帯090−9806−1729 NPOびじっと 
          古市 宛てに申し込みをお願います。

  *☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:

第2回NPOびじっと・離婚と子ども問題支援センター主催シンポジウム

『離婚は、子どもにとっても一大事!』
〜離婚するパパ、ママ、子どもたちの気持ちに耳を傾けて〜

 いま、児童虐待や育児放棄などにより児童養護施設で暮らす子どもたちの姿があとを絶ちません。
なぜ、子どもたちは社会的養護を受けなければならない状況に陥ってしまうのでしょうか。その根本的原因の一つが、昨今、急速に増えている離婚による、片親家庭や内縁・再婚家庭の増加です。自分の生育への、実の両親双方のかかわりがなくなってしまった子どもたちの問題が浮かびあがっているのです。
今回は、両親の離婚と社会的養護を実際に経験した渡井講師に、このような子どもたちの本音をお聞きします。さらに、離婚後、別れて暮らす親と子の交流が途切れがちになってしまう現行法制度に対して課題を提起する家族法専門家の立場から、棚村講師にお話をいただきます。
そして、両講師と参加者の皆さんとがざっくばらんに話しあい、子どもたちの最善の利益と健全な育成のために、離婚後の親子の関係性のあり方を考えていきたいと思います。

1 日時  平成21年8月23日(日)
       13時20分〜16時20分(受付開始 13時00分〜)

2 場所  板橋区立グリーンホール402会議室    
       東京都板橋区栄町36−1
       03-3579-2222

アクセス=都営地下鉄三田線板橋区役所前駅(A3出口)徒歩5分
       または
東武東上線大山駅徒歩5分
       http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/002/002279.html

3 参加費  500円(未成年者は無料)

4 シンポジウムプログラム(敬称略)

 13:00〜 講演会受付

 13:20〜 開会のことば  NPOびじっと理事長 古市理奈

 13:30〜 講演1  NPO法人日向ぼっこ代表  渡井さゆり 

        「親に振り回される子どもたちの本音」

〔講師プロフィール〕
社会的養護の当事者参加推進団体「NPO法人日向ぼっこ」理事長。社会的養護当事者相談員。両親の離婚後、小学2年生のときに母子生活支援施設、小学4年生の時から高校卒業まで児童養護施設で暮らす。


 14:15〜 講演2  早稲田大学大学院法務研究科教授・弁護士 
              棚村政行

          「離婚後の親子関係」
      −日本の親権法の問題点と課題ー

〔講師プロフィール〕
青山学院大学法学部講師、助教授、教授を経て、現職。2002年より2006年まで法学部教務担当教務主任。家庭裁判所調査官研修所講師、国税庁税務大学講師、東京家庭裁判所調停委員・参与員、カンボジア法制度整備支援民法部会委員などを務めている。著書に「結婚の法律学」(有斐閣)など多数。

 15:15〜 10分間休憩

 15:25〜 渡井講師、棚村講師をまじえ、参加者とともにフリートーキング
        (質疑応答を含む) 

 16:20  閉会

5 申込み先  当日でも参加を受け付けますが、資料等準備のため、
          事前に電話携帯090−9806−1729 NPOびじっと 
          古市 宛てに申し込みをお願います。

   *☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:


22日は401会議室、23日は402会議室ですので、お間違いのないよう、宜しくお願いいたします(°∀°)b
中野
投稿日時: 2009-8-10 22:42
長老
登録日: 2005-10-8
居住地: 神戸
投稿: 802
Re: 8月22日・23日、NPOびじっとのイベントを行います♪
8月23日(日)のみ参加します。
よろしくお願いします。

8月22日(日)ではなく 8月22日(土)は
ファーザーズの2009in中部に参加のため行けないです。
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

 
関連図書(新刊紹介)

皆さんの推奨アイテム紹介


Copyright (c) 2005 Fathers'Website All rights reserved.