「親子の絆ネットワーク」ファーザーズウェブサイト 親子の交流を守る会
ユーザログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

メモリーズ(旧コンテンツ)

アクセスカウンタ
総計 :2460342246034224603422460342246034224603422460342

連絡事項:オープン掲示板の運用を一時休止します。
不適切投稿(商品販売目的)の多発によりオープン掲示板の投稿を一時休止閲覧のみとさせていただきます。
また、同理由から新規ユーザ登録につきましても一時休止といたします。

2013/05/23 Fathers'Website管理人 エンジェル
オープン掲示板メニュー(ゲスト用)
オープン掲示板 TOP
【仮運用】イベント告知板
離婚直面
共同親権
面接相談
オープン掲示板への投稿にはユーザ登録が必要です。
ユーザ登録は24時間いつでもOK!ぜひご参加下さい。
ユーザ登録は->こちら
 
メイン
 
共同親権
 
米国の共同監護状況、ふぁみりおより
 
   
   
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
太田@蝦夷地
投稿日時: 2008-10-18 10:17
長老
登録日: 2005-6-21
居住地: 松前藩蝦夷地
投稿: 226
米国の共同監護状況、ふぁみりおより

http://www1.odn.ne.jp/fpic/familio/familio044_topics.html

FPICからの転載ですが、まぁ当たり前ですが、子どもにとって親の離婚後における共同監護という第三の選択肢を設けることは必然ですね。

共同監護という制度があっての「単独監護」と現制度での「単独監護」ではまったく違ったものになると思います。

既に共同監護第二世代が親となっている米国、共同監護を選択した子どもの方が、成績が良く、感情面でも豊であるということを、日本でも離婚に直面した双方の親が認識すべきでしょう。

月一回の宿泊を伴う(24時間)交流の場合、監護率は3.3%です。このくらいの監護率では別居親の育児における影響力はほとんどないと言っていいでしょう。月一とはいえ、まったく交流のない場合とでは子どもにとって喪失感は天地の開きがあるわけです。

週3回2時間程度の家庭教師がいたとして、子どもと共にする時間の比率は月一の別居親より、高いのです。ちなみに3.7%です。

法的に共同監護は不可ですが、離婚当事者たる双方の合意があれば共同監護は可能です。戦争中でも「クリスマス休戦」があるように、子育てについては、「和解」していくことこそ、子どもにとっての最良の結果となるはずです。


----------------
書いたのはラーメン大好き親父の太田@蝦夷地でした

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

 
関連図書(新刊紹介)

皆さんの推奨アイテム紹介


Copyright (c) 2005 Fathers'Website All rights reserved.