「親子の絆ネットワーク」ファーザーズウェブサイト 親子の交流を守る会
ユーザログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

メモリーズ(旧コンテンツ)

アクセスカウンタ
総計 :2462916246291624629162462916246291624629162462916

連絡事項:オープン掲示板の運用を一時休止します。
不適切投稿(商品販売目的)の多発によりオープン掲示板の投稿を一時休止閲覧のみとさせていただきます。
また、同理由から新規ユーザ登録につきましても一時休止といたします。

2013/05/23 Fathers'Website管理人 エンジェル
オープン掲示板メニュー(ゲスト用)
オープン掲示板 TOP
【仮運用】イベント告知板
離婚直面
共同親権
面接相談
オープン掲示板への投稿にはユーザ登録が必要です。
ユーザ登録は24時間いつでもOK!ぜひご参加下さい。
ユーザ登録は->こちら
 
メイン
 
共同親権
 
離婚後八年、娘たちと一緒に暮らしています。
 
   
   
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
笑美
投稿日時: 2008-7-16 23:13
新米
登録日: 2005-6-20
居住地: 茨城
投稿: 10
めっちゃうれしいです♪
あたしも去年までだったら参加は難しかったんですよ〜

今年やっと優も入学できて
ほんの少しですけど、心に余裕もできて

壊れたパソコンのタワーを変えて

ヤフーメールだけ使えるようになったら
F'sからの交流会のお知らせが読めて

そんで久しぶりにここに来たらyuriさんがいて

ま〜〜〜
偶然は必然だという言葉の通りなんだな〜と改めて思いました

当日はこのホテルに泊まろうかと思ってますが
(皆さんにご迷惑をかけるかと思いますが、二人連れて行きます!ペコ)

よろしくお願いします
空色
投稿日時: 2008-7-17 16:06
新米
登録日: 2008-7-16
居住地: 愛知県
投稿: 2
Re: 離婚後八年、娘たちと一緒に暮らしています。
ご無沙汰しています。
空色です。

別のところではお世話になっていますが、Fsでは久しぶりですね。
私も久しぶりにここにきて自分の過去の書き込みをみました。

離婚して7年目ですが、月2回の面接を続けています。

小学6年生となった娘は、そろそろパパが煙たくなる時期です。今しかできない娘とのふれあいを大切にしたいと思っています。

yuri
投稿日時: 2008-7-17 18:08
長老
登録日: 2005-7-2
居住地:
投稿: 164
Re: 離婚後八年、娘たちと一緒に暮らしています。
皆さんにお会いできるのでわくわくしています。
よろしくお願いします。
太田@蝦夷地
投稿日時: 2008-7-18 15:41
長老
登録日: 2005-6-21
居住地: 松前藩蝦夷地
投稿: 226
Re: 離婚後八年、娘たちと一緒に暮らしています。
おぉyuriさんおひさしぶりです。娘さん達との同居!!かつてのyuriさんを知る者としては、大変嬉しく思います。yuriさんの諦めない忍耐力と行動力そして娘さん達への愛情がこんにちのyuriさんの状況に繋がったのだと思います。頭が下がる思いです。

yuriさんが書かれている「親権」をどちらにするって言うことは子ども達にとってさほど重要なことではない、全く同感です。強制的にでも親権者を決めないといけないこの日本社会の方が異常なんだと思います。

最近私の回りでも2組の離婚がありました。双方とも親権は母親ですが、父親の方はPTAの役員としてそのままですし、双方とも運動会に来て競技に参加していましたし、PTAのソフトボール大会や授業参観も出席していました。「離婚しても親子は親子だよね」と回りも言っています。法改正の道のりはまだまだ厳しいですが、当事者間では確実に共同親権の概念が広がっていると感じています。

yuriさんは共同親権制度のまさに先駆者です。娘さん達との同居、楽しいことばかりではないと思いますが、共同親権を充分に謳歌して下さい、私全国大会は出れませんが、yuriさんの現状は困っている人達への大きなパワーになると思います。これからも宜しくお願いします。


----------------
書いたのはラーメン大好き親父の太田@蝦夷地でした

yuri
投稿日時: 2008-7-18 19:21
長老
登録日: 2005-7-2
居住地:
投稿: 164
Re: 離婚後八年、娘たちと一緒に暮らしています。
★太田さん
ご無沙汰しておりました。
私もこんな風に娘たちと一緒に暮らす日が来るとは想像していなかったので、驚いています。
同居当初は、お互いに想像していたものと違うことが多く(娘たちは特に母親に期待をしていた模様)、とまどうことばかりでした。

小学校一年の時に別れた下の娘は、中学三年生になって一緒に暮らすようになり、最初の三ヶ月は、姉妹二人と私の三人が1つの布団に寝るという生活をしてました。

身体が大きくなっていても、一緒に過ごすという時間を取り戻すための行動と思い、そのままにしておきましたら、すっかり慣れたようで、今では辛辣な口答えも多々ありです。


また、とても平穏無事に過ごしていたと思われていた父親と祖父母との暮らしもなかなか大変だったことを娘たちの口から聞くことができ、もっと早く面接が可能だったらと少し悔やんでしまいました。

それでも、娘たちの父親や、叔父叔母、そして私の元夫とも今も普通に会話もできますので、これでよかったのかもと思う日々です。

二十歳まであと四、五年と短い期間ですが、良い関係を作れたらと思っています。

また太田さんにもお会い出来る日を楽しみにしております。
本当にいつもありがとうございます。
« 1 (2)
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

 
関連図書(新刊紹介)

皆さんの推奨アイテム紹介


Copyright (c) 2005 Fathers'Website All rights reserved.