「親子の絆ネットワーク」ファーザーズウェブサイト 親子の交流を守る会
ユーザログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

メモリーズ(旧コンテンツ)

アクセスカウンタ
総計 :2458686245868624586862458686245868624586862458686

連絡事項:オープン掲示板の運用を一時休止します。
不適切投稿(商品販売目的)の多発によりオープン掲示板の投稿を一時休止閲覧のみとさせていただきます。
また、同理由から新規ユーザ登録につきましても一時休止といたします。

2013/05/23 Fathers'Website管理人 エンジェル
オープン掲示板メニュー(ゲスト用)
オープン掲示板 TOP
【仮運用】イベント告知板
離婚直面
共同親権
面接相談
オープン掲示板への投稿にはユーザ登録が必要です。
ユーザ登録は24時間いつでもOK!ぜひご参加下さい。
ユーザ登録は->こちら
 
メイン
 
共同親権
 
はじめまして。。。
 
   
   
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
Sally
投稿日時: 2007-2-6 15:57
新米
登録日: 2007-2-5
居住地: ニュージーランド
投稿: 2
はじめまして。。。
初めまして、皆さん。

私は現在ニュージーランドに住むSallyと言います。

こちらのサイトで私は多くの方が同じ思いをされているのを知り、泣きながら読ませて頂いています。

私は日本でニュージーランド人の元夫と8年間の
結婚生活をし、娘(現在9歳)の為にニュージーランドへの移住を決意し、2年前にこちらに来ました。

ですが、元夫の母親との同居が条件の移住で初めからから無理を承知の同居でしたが元夫の母親と私との確執が起こり夫は母親側になってしまい私を庇ってくれませんでした。庇うどころか2人で私を苛めるようになり、私は2人に立ち向かう気力も無く鬱病になり、娘をニュージーランドに置き一人で日本へ帰国致しました。

娘を一緒に連れて帰れなかった事を家族や友人に咎められましたが、娘のこれからの人生の上でニュージーランドで教育を受けさせる事、のびのびと娘が育つようにと決めた移住だったので私は娘に「マミーはすぐに帰ってくるから」と言い私は日本へ帰国しました。そうしなければ、私は娘の前で自殺(この様な表現をしてすみません)をしてしまう状況だったのです。

元夫の母親に「子どもを置いて行かないと警察に通報する!」と脅かされた事が実際堪えました。

元夫の母親に堂々と立ち向かう気力が無く、初めての海外生活、友人も家族も居ない状況、頼りになるはずの元夫が母親の言いなりで頼りにならない状態、いろいろな悪い状況が重なりました。本当に私は弱かったです。

日本に帰国してからは娘の事ばかり考え毎日泣いて暮らしました。元夫から「離婚してくれ」と言われその通りにしました。これ以上彼の姓を名乗りたくなかった。でも、娘が私の戸籍から彼女の名前が消えた時現実がようやく分りとんでも無い事をしてしまったと気づいたのですがそれはすでに遅かったです。

私は娘の近くに住む為にもう一度ニュージーランドへ帰る事を決意しました。私の両親も反対しないで私の思う様にと私をニュージーランドへ出させてくれました。両親に迷惑ばかり掛けて本当に情けないですし、親不孝だと思います。彼らの最愛の孫を彼らはもう会う事が出来ないのですから
。。。

ニュージーランドで私は共同親権を得る為に弁護士を雇いました。ですが、自立する為の準備(仕事が無い)が出来ていない事や家や車や娘の為に学校への送り迎えが出来ない状態や勿論私の英語不足なども有りますし、夫と戦う気力が無かったし、弁護士が私に対して積極的な態度を取ってくれなかったり勿論人種も絡んで来ると思いますが夫からの拒否で私は親権を半分受け取る事が出来ませんでした。私は毎月、娘の養育費(チャイルドケア)として夫に支払っていますし
当の夫は国からのチャイルドサポートを貰い仕事はパートで暮らしています。

私は彼が娘をきちんと育ててくれている事には感謝しています。元夫やその母親に対して恨みは無いかと言えば嘘になります。娘もやはり彼らに洗脳されているので私に一言も「I
Love You!」と言ってくれません。9歳の娘は私が彼女の祖母と私が仲が悪いと言うのはもう9歳だからわかっていますし、元夫が「マミィーが全部悪い」と話しているらしいので娘は最初私が帰って来た当初、怒っていたと彼女本人から聞きました。でも、こちらに帰って2年経った今はだいぶ娘との状態も良くなり私の前で「ダディーには内緒だよ」と好きな男の子の話をしてくれたりダンスを見せてくれたり
私と一緒に眠ってくれたり私の事を彼女は愛してくれている
!と伝わるので本当に泣くほど嬉しいです。

今私は一人で暮らし、職もやっとフルタイムの仕事を見付け、ようやく自立が出来る様になりました。今は仕事が命!の状態です。娘とは毎週火曜日と2週間目の金曜日、土曜日、日曜日と会う事が出来るのでその時が一番の楽しみです。いつまでこの状態が保てれるかわかりませんが(日本の両親の事があるので)少しでも娘の成長を見届けたい、少しの時間でも彼女の母親としての役目を続けたい。そう毎日願っています。仕事から帰った後、一人での食事のなんとも寂しい事! 泣きながら眠りに就く事もしばしばです。

沸沸と思っている事は一人前になったらもう1度共同親権が取れる様に準備をしたいと思っています。英語も勉強をもっとしないといけないし、この国の法律も勉強しないといけない。勿論、自分の幸せも考えたいけど今はそんな気持ちが有りません。こちらで知り合った友人達(男女含めて)が私のエネルギーだし、彼らの存在無しでは私の存在は無いと言ってもいいくらいです。勿論私の娘が1番の存在です。

皆さんが子ども達の愛するお父さん、お母さんで有る事は
一生変わる事は有りません。。。

皆さんが少しでも安心を得られるようにと願っています。

こんな私の話を聞いてくれて有り難う御座いました。
joy
投稿日時: 2007-2-6 19:28
長老
登録日: 2005-9-22
居住地: 愛知
投稿: 365
Re: はじめまして。。。
Sallyさん、ようこそファザーズウェブサイトへ。
はじめまして、6歳の娘に4歳のときから会えないでいる
子供と離れて暮らす父親のjoyといいます。

こちらに入らしている子どもと離れて暮らしていて
子どもに会えない多くの親たちの投稿を読んでくださり
涙を流してくださり共感して頂いた事は
きっと皆さんの慰めのひとつとなったであろう思います。
少なくとも私はその一人です。

元夫さんから全部Sallyさんが悪いとお子さんに吹き込まれても
娘さんと親子の交流がこのまま続くのであればそんな事は無いと
娘さんは判っていらっしゃると思います。

これからも好い親子の交流が出来て英語の語学力が向上し
親子の交流がお子さんの成長にとてもよい影響を
与えていることが認められる実績を積み重ねていけば
必ずや共同親権を得られるのではないでしょうか。

日本の事情とは違い、ニュージーランドの法や事情は
きっと、子どもの人権を大切にしていると思いますので。
(ニュージーランドのことを知らないのに
勝手なこといってごめんなさい)

ニュージーランドの離婚後の親子の交流や法律についても
どうか事情が許す範囲でかまいませんので情報提供してくださると皆さん助かると思います。


Sallyさんの仰るとおり
子ども達の愛するお父さん、お母さんで有る事は
一生変わる事は有りませんもんね。

Sallyさんとお子さんの交流がこれからも
楽しく好いものでありますようにお祈りしています。

またいつでもいらしてくださいね。
現実には遠いニュージーランドですが
インターネットの中ではすぐ近くですから(笑)
遠慮なくどうぞ。

事情もわからず勝手なことばかり言いましたが
気に触ってしまったことがありましたら
どうかご容赦くださいね。joy




Sally
投稿日時: 2007-2-10 15:45
新米
登録日: 2007-2-5
居住地: ニュージーランド
投稿: 2
Re: はじめまして。。。
Joyさん、はじめまして!

心暖かい返信をどうも有り難う御座います

今、日本は真冬の真っ最中ですね。こちらは真夏ですが
日本のように蒸し蒸しした暑さでは無いので快適です。

こちらの学校関係は12月中旬から2月6日までがホリデー
に入って今月の7日からが新学期となるので私の娘も今日から新しいクラスで新しいお友達や先生と楽しくやってくれて
いると思います。

>こちらに入らしている子どもと離れて暮らしていて
>子どもに会えない多くの親たちの投稿を読んでくださり
>涙を流してくださり共感して頂いた事は
>きっと皆さんの慰めのひとつとなったであろう思います。
>少なくとも私はその一人です。

はい。こちらの存在を知ってからそれまで自己憐憫に浸って
いた私ですが苦しんでいるのは私だけでは無いと、皆さんからの投稿文を読んで心から泣く事が出来、共感した事は私にとって慰めとなりました。

どなたか「泣く事は良い事だ」とおっしゃっていますが、本当にその通りだと思います。私は泣くだけ泣いて次の日はケロっとして仕事に行けるし良い精神状態を保てているので自分が泣きたい時には泣く様にしています。(お客様相手の仕事なので仕事中は泣かないで笑顔を振りまいています!)


>元夫さんから全部Sallyさんが悪いとお子さんに吹き込まれても娘さんと親子の交流がこのまま続くのであればそんな事は無いと娘さんは判っていらっしゃると思います。

そうですね!この状態を保っている限り、娘との交流が途絶える事は無いし法的にも守られているので(こちらで”アクセス”と言う名称ですがこの言い方が嫌でしたので”コンタクト”と変えてもらいました。”アクセス”も”コンタクト”も日本で言う面会権と同じだと思います。いくら元夫が娘を会わせたく無い!と言ってもそれを破れば今後に響くので私は安心して娘に会う事が出来ます。

>日本の事情とは違い、ニュージーランドの法や事情は
>きっと、子どもの人権を大切にしていると思いますので。
>(ニュージーランドのことを知らないのに
>勝手なこといってごめんなさい)

こちらでは離婚されても子ども達が自由にお父さん、お母さんと会える”共同親権”(シェアード カスタディー)が普通だと思います。ですが、最初から結婚しないで(男性と同居しないで)女性が国から養育費を貰い子どもさんと暮らしている人達がいます。彼らのお子さん達も自由にお父さん、お母さんの間を行き来しているので子ども達にとっては良い事だと思います。

私の知り合いの女性(ニュージーランドの女性)は娘さん2人に会えないそうなのですが、ニュージーランドの社会的にも自立した女性でも、お子さんに会えない方がいる事に私はびっくりしました。彼女には何故そうなったのか詳しくは聞けませんでしたが、共同親権が貰えない女性達(私を含めて)はこの国にも存在します。

もう一人の知り合いは3人のお子さんを父親に託して私と同じく2週間目のウィークエンドに3人のお子さんと会い、去年BFとのお子さん(双子)を授かった方がいますが彼らは結婚、同居をしない形を取っています。彼女には計5人のお子さんが出来た訳でお子さん達も自由に行き来出来るので、そこはとても良いと思います。

ここは結婚、家族と一緒に暮らす OR暮らさないに関わらず自由な発想を取り入れる事の出来る国だと思いますが、日本人の私はやはり結婚、幸せな家庭にこだわりが有ります。子どもにとってはお父さん、お母さんと一緒に暮らし共に成長するのが1番ですし、それが出来なくなってしまった私の娘に対して本当に可哀相な事をしてしまったと言う思いが強いです。。。

前向きに、前向きに、自分のベストを尽くして娘に接していますがやはり普通の母親では無いと思う事が多々有ります。
はっきり言って惨めですし、苦しいです。でも、それが私の宿命ですし、彼女が成人するまでは何としてでも彼女の姿を見守りたい。自分の事は犠牲にしてでも、いつかまた一緒に暮らせる事を夢見て、そして彼女が何かしたい事があればそれを手助け出来るようにそれまで自分の道を極めて行きたいと思っています。

ここに来られているお父さん、お母さん達もきっと私と同じ気持ちだと思います。私個人の気持ちとしては、日本もニュージーランドの様に自由に子ども達と会える体制が取れればと思います。はっきり言ってそう願っています。

>またいつでもいらしてくださいね。
>現実には遠いニュージーランドですが
>インターネットの中ではすぐ近くですから(笑)
>遠慮なくどうぞ。

Joyさん、本当に有り難う御座います! 本当にネットの存在に感謝しています☆またどうぞ宜しくお願い致します

P.S.返信が遅れてしまい済みませんでした。


airabu
投稿日時: 2007-4-7 23:35
長老
登録日: 2006-12-25
居住地:
投稿: 188
今晩は
Sally さん、今晩は。


以前からコメントをと思っていたのですが、なかなか残せませんでした。

Sally さんの状況が私とよく似ていて他人事とは思えません。


実はSallyさんにお聞きしたいのですが、 ペアレンティングコーディネーションというものがニュージーランドでもおこなわれているのでしょうか?

アメリカでは、離婚に伴い、子どもの面接交渉や監護についての紛争が訴訟に持ち込まれることが多く、このことにより子どもに与える影響の深刻さから、子どもの監護のために両親間に協調的な関係を作り上げる援助を行う、ペアレンティング・コーディネーターという職種が導入されているそうです。

日本でも速攻、導入してもらいたい!!と思う私としては、このペアレンティング・コーディネーターという職種の方を日本に招いて日本人に資格を取らせてもらい、NPO法人で立ち上げ、広めて行きたいと願うのです。

何か情報がありましたらお教えください。よろしくお願いいたします。


スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

 
関連図書(新刊紹介)

皆さんの推奨アイテム紹介


Copyright (c) 2005 Fathers'Website All rights reserved.