「親子の絆ネットワーク」ファーザーズウェブサイト 親子の交流を守る会
ユーザログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

メモリーズ(旧コンテンツ)

アクセスカウンタ
総計 :2380708238070823807082380708238070823807082380708



  離婚によって離れて暮らすことになった子どもさんに、手紙を書いてみませんか。
離婚後に一人で育てている子どもさんに、口では言えないメッセージを残しておきませんか。
両親が離婚しても愛され続けた子どもの立場から、素直な気持を聞かせてもらえないでしょうか。
みなさんからのご投稿をお待ちしています。
「ファーザーズ・ウェブサイト」では、このページを含めた当サイトの内容に関する本の出版を計画中です。
採用させていただく場合もありますので、プライバシーには十分ご注意ください。

2007年1月より、ご投稿はユーザ登録をしていただくことにしました。
また、ご投稿いただいたのち、一旦掲載待ちになります。掲載には時間が掛かる場合があります。
*これは、海外からのアダルトサイトへの勧誘投稿、薬品購入の勧誘投稿が頻発しているための対策です。

ユーザ登録はこちら
 
離れて暮らす子どもへの手紙
157件のメッセージがあります

« 1 2 (3) 4 5 6 ... 16 »

137) 愛する我が子へ
ミコトパパ
2011-1-20 19:31
新米
美命、元気にしてますか?
パパは毎日、美命のいない家に帰ってくるのが、辛いです。
昨日、美命に一日も早く会えるように弁護士の先生にお願いしてきました。
もうじき、会えると思います。
お母さん、お兄ちゃんの言うことをよく聞いて、いい子にして、会える日を待っててね!
パパは美命に会える日を楽しみにしてるよ!
パパは泣いちゃうかもしれないけど、笑わないでね!


136) 20110106
スミッチ
2011-1-17 12:51
新米
スミ&イッチへ

これからはこのサイトにパパの気持ちを書いておくね。2人とももう少し大きくなったらしっかり見てね。きっと誤解しないでいてくれると信じてます。

2010/12/29
ママは前向きな話し合いをしようとしてくれませんでした。それどころかパパはまだ何一つ同意していないのに、勝手にサカイ引越しセンターを呼んで、家具やら電化製品やら金目の物を全部持って引越して行ってしまいました。何よりも辛いのはスミとイッチも勝手に連れ去られてしまったことです。

2011/1/1
今日は何とかスミとイッチをパパの実家に連れて帰ることに同意を貰えました。今から迎えに行くね。
2011/1/6
正月は凧揚げしたり羽根突きしたりトランプ落書したり楽しかったね。別れ際にもう一度抱きしめたかったけど、ママに納税証明書がないと、勝手に車交換するぞ!って脅迫されてたから、慌てて探しに行ったっきりお別れしてゴメンね。預かってたお年玉も渡し忘れたから今度会った時に渡すね。スミは誕生プレゼント決まったかな?

2011/1/8
イッチへ。今まで使ってたパソコンあげる!って正月約束してたのにね。ママからまた一方的にメールがきました。新しいパソコンをママのお母さんから買ってもらったから、古いのは要らないだって!
きっと、パパがケチだからくれなかったとか教えられてると思うけど、真実は全く違うからね。ママはあること無いこと全部自分に有利に、パパには不利になる様に、話しを作り上げるんだ。一方的にね。いつかきっとわかる日が来るからね!


135) 愛する我が子達へ
富士山
2011-1-10 14:42
一人前
りな、さやかへ

20年間暮らしてきたお母さんが、突然あなた達を昨年4月に連れ去ってから10ヶ月が経ちましす。
お父さんは、毎日一人ぼっちで、13年前に建てた一軒家にひっそりと暮らしています。

4月以降、あなた達の顔も見れなく、声も聞けない毎日が続き、いつの間にか7年前入院した心不全が更に酷くなり、昨年の6月に心臓手術をしました。一人で入院して、剣道のお母さんお父さん方や、会社の人がお見舞いに来たけど、一番会いたかったりなとさやかが居なくてとても辛かったよ。
退院後は、夜になると二人の事を思い出してしまい、壊れた蛇口のように涙がポタポタと流れて止まらない様になってしまいました。仕方なく暫く会社を休んで、今年からまた働き始めています。

あなた達の事をいつも忘れた事はありません。
会社の机の上には、今でも二人の写真を置いています。

二人とも幼稚園の頃から剣道の道場に土・日・祭日と休日の全て、一緒に道場に行きましたね。
午前・午後と他の道場にも出稽古にも行ったよね。
(みんな本当に良く頑張ったと思っています。)
あなた達の剣道の入賞メダル24個、50枚の賞状等、竹刀、剣道防具も家に残ったままですよ。
お母さんが休日もパートだった6年間は、朝・昼・夕食を作り、洗濯、裁縫、アイロンあて等をして、二人を守り、お母さんの事も労わってきました。
でも、お母さんの毎日の飲酒(ロング缶3本・焼酎)のうえに、お父さんへの暴言(突然切れる)・陰での暴力、朝食を作らない毎日が続き、お父さんも疲れてしまい、気付いた時にはお母さんを殴っていました。

今でも、とても後悔しています。

お父さんは、信念を持ってあなた達を育ててきています。
そして、仕事を頑張り、体力の続く限り家事を続けた事は、二人が一番良く知っていると思っています。

りなとさやかに会って、元気なのかが知りたい、声が聞きたい、話がしたいです。
ちゃんと話もしないで、突然居なくなってしまったから、話しておきたい事がたくさんあります。

今は、お母さんの携帯電話しか連絡方法が無いので、毎日メールをしていますが、返事は一度もありません。
りなとさやか宛てのメールを送っていますが、お母さんの携帯電話ですから、あなた達が読んでいるかどうかは、全く分かりません。

もしも、りなかさやかが携帯を持っていたら、お父さんの携帯へ、メールか、写メを送ってください。

お父さんは、あなた達の事を、今も、これからもずっと愛しています。
それだけは、信じてください。


134) 愛する我が子へ
ミコト
2011-1-1 19:58
新米
美命、明けましておめでとう。
お母さん、お兄ちゃんと仲良くしてますか?パパは一人で、元宮の家で美命のいた頃を思いだしています。会えるようになったら、思いきり甘やかしてあげるからね。
思いきり抱きしめてあげるからね。
それまで、いい子にしていてね。
会える日を楽しみにしているよ。


133) 愛する我が子へ
ryuu
2011-1-1 6:20
新米
 けいちゃん、ちいちゃん あけましておめでとう。
 あなた達と引き離されて2年3ヶ月全く会えないですね。
 周囲は会えない子どものことは忘れて新しい人生を謳歌しなさい的なことを言われます。
 しかし、私にはあなた達のことを忘れることなんてこれっぽっちも忘れることなんてとてもできません。想いは逆に日に日に強くなるばかりです。 
 あなた達に会える日を信じてパパ頑張るね。


132) 愛する我が子へ
tatigawa
ホームページ
2010-12-31 9:45
新米
智耀へ。5月にママと出て行ってから半年になりますね。
パパはホームページを作る学校に行き、
智君のホームページを作りました。
http://tomoaki2.web.fc2.com/ です。
皆様も見ていただければ幸いです。


131) 大輔へ
垣内@大輔
2010-12-31 6:59
長老
大輔へ
会えなくなって早いもので6年が経ちます。
お父さんは最後に会った小学校入学前のことは未だに鮮明に覚えています。
そして大輔のことは一日たりとも忘れたことはありません。

本当にどうして会えないのか・・・時々辛くて淋しくなりますが、大輔がもう少し大人になった時に全ての事情を話し「お父さんは大輔を見捨てた訳ではない」ことを理解してもらいます。

*必ず普通の父子関係ができる日を願っています。

                       大輔の父より


130) 愛する我が子へ
ミコト
2010-12-26 15:18
新米
美命と会えなくなって、もう一ヶ月。
毎日、抱っこしてたのに、まさかあの日が最後になるなんて。
あの日に限って、なんでパパを送ってくれたの?
少ししか一緒にいてあげられなくて、ほんとうにごめんね。
生まれてきてくれて、ほんとうにありがとう


129) 愛する我が子へ
ita
2010-12-8 18:12
新米
りんたろうへ

1才の誕生日おめでとう。君がこの世に誕生してくれて、うれしく思います。
生まれて一度も会わせてもらえないけど、かならずや会えると信じてお父さんは頑張ってます。
ただ元気でいてくれることだけを祈っています。
きみが楽しい日も悲しい日もただそのそばにいたいという気持ち、それだけです。
まっててね。


128) こっちんへ
こちぼう
2010-10-1 9:52
新米
こっちんと、お別れしてから、もうすぐ2か月がたちます。
7月に行った旅行のとき、まさかこっちんと過ごす最後のひと時と
は夢にも思っていませんでした。
こっちんが、楽しそうに泳いでいたプールでの笑顔、一緒に買い物したこと、一緒にアイスを食べたこと、すべてが悲しい思い出となってしまいました。
2か月前までは、いつも手を握りながら一緒に寝ていたよね。
こっちんの、ぷよぷょした感触、忘れられません。
好き好きしながら、抱きしめてもう一度一緒に寝りたいです。


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 16 »

離れて暮らす子どもへの手紙は、我が子と離れて暮らしている「お父さん、お母さん」から愛するお子さん達へのメッセージです。
関連図書(新刊紹介)

皆さんの推奨アイテム紹介


Copyright (c) 2005 Fathers'Website All rights reserved.