「親子の絆ネットワーク」ファーザーズウェブサイト 親子の交流を守る会
ユーザログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

メモリーズ(旧コンテンツ)

アクセスカウンタ
総計 :2460358246035824603582460358246035824603582460358



  離婚によって離れて暮らすことになった子どもさんに、手紙を書いてみませんか。
離婚後に一人で育てている子どもさんに、口では言えないメッセージを残しておきませんか。
両親が離婚しても愛され続けた子どもの立場から、素直な気持を聞かせてもらえないでしょうか。
みなさんからのご投稿をお待ちしています。
「ファーザーズ・ウェブサイト」では、このページを含めた当サイトの内容に関する本の出版を計画中です。
採用させていただく場合もありますので、プライバシーには十分ご注意ください。

2007年1月より、ご投稿はユーザ登録をしていただくことにしました。
また、ご投稿いただいたのち、一旦掲載待ちになります。掲載には時間が掛かる場合があります。
*これは、海外からのアダルトサイトへの勧誘投稿、薬品購入の勧誘投稿が頻発しているための対策です。

ユーザ登録はこちら
 
離れて暮らす子どもへの手紙
157件のメッセージがあります

« 1 ... 10 11 12 (13) 14 15 16 »

37) 誕生日おめでとう
ぷー
2006-6-14 23:19
一人前
ちひろ、誕生日おめでとう!8歳だね。この1年間、どんなことが待ってるのか楽しみだね。
今年の誕生日プレゼントはさとうさとるの本にしました。ママも小さい頃大好きだった本です。今は渡せないけど、いつかきっと渡せる日が来ることを信じてます。
なかなか会えないけど、いつもちひろが元気で、笑顔でいられるように祈ってるからね。パパやおかあさんのいうことを聞くんだよ。でも、ママもいつもちひろのこと想ってることも忘れないでね。
今度会ったらいっぱいお話ししていっぱい遊ぼうね!


36) あおいへ
NIMO
2006-6-10 19:58
あおいは幾つになったのかな。もうじき4つだね。パパとは2歳の誕生日前からずっと会えていないね。あおいはもうパパのこと忘れてしまっているかもしれないけどパパはあおいの夢をよく見ます。まだあおいは2歳のままです。ホントは逢いたいよ。でもあおいには別のパパがいるからパパはもう逢うことが出来ません。逢わない方がいいと思うんだ。でもパパの心の中にはいつもあおいがいるからね。今はあおいの健やかな成長を祈るのみです。弱虫のパパより


35) みんなへ
てつおパパ
2006-6-4 1:46
聡一、瑛士、堅三へ

まっすぐ素直に育ってね。いつでもどこでもパパはみんなの味方
だよ。
今度はいつ会えるかな。早く会いたいね。


34) 水たまり
とーたん
2006-5-29 3:41
昨日はお昼までザーザーと雨が降り続いていましたが、午後になるとスッキリ青空のポカポカ陽気。
とうちゃん、早速、いつもの公園へ。降り続いた雨の足跡、水たまりに青い空が写っていました。地面や芝生はまだ濡れているのに公園は親子でイッパイでした。みんな、お父さんやお母さんと楽しそうに遊んでいる・・・そんな光景を見ながらとうちゃんもベンチで紗礼さんの事を思い浮かべていました。 紗礼さん、今・何処かの水たまりで遊んでるかな〜・・・・・・すると、背後で ガシャン!! 「あっ!」の声。 振り返ると 倒れた自転車と女の子が。どうやら、水たまりでぬかるんだ土の上を自転車で通ってしまったらしく、タイヤを捕られて滑ってしまった様でした。女の子はもがきながらも ゆっくりと立ち上がるとスローモーションの様に泣き出してしまいました。女の子の腕、お洋服はどろどろになっちゃいました。お父さんも傍にいたのですが、お父さんも自転車、そして一才位の弟さんが補助椅子に。スタンドを立ててもバランスが悪く、中々、お姉ちゃんの傍に行けません。結局、弟さんを抱き抱えお姉ちゃんの傍へ。 ケガはなかった様です。偶然、傍に水道もあり、そこでお父さんにキレイ・キレイして貰っていました。 とうちゃん・泣いちゃった・・・何故なんだろう。女の子が泣き出すと同時にとうちゃんの目に涙が溢れ出しました。暫くの時間、涙が止まらなくてその場を動く事が出来ませんでした。青く晴れた、水たまりのある日の事でした。

水たまりで遊ぶ紗礼さんへ 2006.5.29.3.40 とうちゃん


33) 愛する紗礼へ
とーたん
2006-5-5 23:46
「風薫り、草萌える五月。
     
     真っ青な空に君の顔浮かぶ」

紗礼、君の成長は僕の生きることの証しです。
紗礼の笑顔は僕の幸福の瞬間であり、喜びでもあります。

         生きることの瞬間、 

涙を堪え・歯をくいしばって生きていく・そんな喜びとありがたさを紗礼にに学ばさせて貰えることに感謝します」。

「ありがとう・・・紗礼。
       
      紗礼の笑顔はとうちゃんのたからです。」


             2006.5.5端午の節句、とうちゃん


32) 愛する我が子へ
がんばるパパ
2006-5-3 18:53
半人前
佳子、

ゴールデンウィークだけど結局1日だけ会えただけだね。面会はママが月に一日くらいにして欲しいとのことなので一ヶ月ぶりだった。沢山あそんで楽しかったけど一日はすぐに終わっちゃう。別れる時佳子はずっと泣いてた。抱っこして「パパは仕事頑張ってまたすぐに会いに来るよって」いったけど本当は毎週会いたいんだ。まだお休みが四日も残っているのでパパはすごく寂しいです。佳子にも寂しい思いをさせるげとパパは一緒に暮らせるようになるまで頑張ります。それまで待っていてください。


31) 愛する我が子へ
紙ひこうき
2006-5-2 12:53
勇希、あと2ヶ月で離れて暮らしてから1年経つよね。
今年もゴールデンウィークがきたね。
毎年、休みの日はどこへいこうかお父さん本当に楽しみだったけど。
去年は桶川の飛行場までサイクリングに行ったね。
そして川口のグリーンセンターにも自転車で行ったよね。
帰りにお母さんにカーネーションを買ったっけ。
お母さん喜んでたね。
お父さん、勇希を自転車の後ろに乗せてしんどかったけど、楽しかったよ。
その後、勇希はお母さんとフィジーに行って・・・
帰ってきたら、お別れだなんて・・・
お父さんも、信じることが出来なかったんだよ。
たった2ヶ月でこんなに事態が変わるなんて。
でもお母さんから聞いたよ。
去年のクリスマスの日ツリーに短冊をかけたんだって、
「おとうちゃんとママといっしょにくらせますように」って
今お父さんが勇希と会えるのは、お母さんと勇希のおかげだよ。
本当にありがとう。
今年のゴールデンウィークは、バスも宿も予約が取れなかったから、
いけないけど、次のお休みの日には会いに行くからね。
おにぎり買って、山登りしようね。
自転車乗ってお寿司食べに行こうね。


30) 遠くの空から
中村@関西
2006-4-29 21:46
長老
誕生日おめでとう。
元気で育っている事嬉しく思います。
学校も楽しそうで何よりです。
あなたにはお父さんがいます。
お兄ちゃんと呼ばされていても本当はお父さんだと判っているね。
決して悲観しないで堂々としていてください、いつでも会いにいけるから。


29) 愛する我が子へ
がんばるパパ
2006-4-16 19:49
半人前
佳子、
今日はお部屋を掃除していたら一緒に住んでいた頃の事いろいろ思い出しました。パパが会社の準備してカバンを置くところを教えてくれたり、ネクタイをしまうところを教えてくれたりしたね。お別れの前の晩に公園で拾った松ぽっくりをパパの机の上にかざってくれたね。やさしい子だね。ありがとう。また一緒にくらせるようになること祈ってます。


28) りょっぺくんへ
しゅう
2006-4-14 0:19
亮くん
小学校入学おめでとう。
しゃべれなかったけど、目で会話できてとても嬉しかった。
サッカーボールは受け取ってくれたかな。
今度、最後の日曜日の面接日に
一緒にサッカーしようね。
基本はリフィティんグ。
教えてあげるからね。


« 1 ... 10 11 12 (13) 14 15 16 »

離れて暮らす子どもへの手紙は、我が子と離れて暮らしている「お父さん、お母さん」から愛するお子さん達へのメッセージです。
関連図書(新刊紹介)

皆さんの推奨アイテム紹介


Copyright (c) 2005 Fathers'Website All rights reserved.