「親子の絆ネットワーク」ファーザーズウェブサイト 親子の交流を守る会
ユーザログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

メモリーズ(旧コンテンツ)

アクセスカウンタ
総計 :2807193280719328071932807193280719328071932807193



  離婚によって離れて暮らすことになった子どもさんに、手紙を書いてみませんか。
離婚後に一人で育てている子どもさんに、口では言えないメッセージを残しておきませんか。
両親が離婚しても愛され続けた子どもの立場から、素直な気持を聞かせてもらえないでしょうか。
みなさんからのご投稿をお待ちしています。
「ファーザーズ・ウェブサイト」では、このページを含めた当サイトの内容に関する本の出版を計画中です。
採用させていただく場合もありますので、プライバシーには十分ご注意ください。

2007年1月より、ご投稿はユーザ登録をしていただくことにしました。
また、ご投稿いただいたのち、一旦掲載待ちになります。掲載には時間が掛かる場合があります。
*これは、海外からのアダルトサイトへの勧誘投稿、薬品購入の勧誘投稿が頻発しているための対策です。

ユーザ登録はこちら
 
離れて暮らす子どもへの手紙
159件のメッセージがあります

(1) 2 3 4 ... 16 »

159) 小桜へ
コハルパパ
2018-5-13 19:02
常連
コハルへ

毎年、ずっと続けてきた投稿ですが
このサイトはもう運営してないようです。

こうして自分の娘とのつながりを残してきましたが
毎年この日を10年、コハルの口座にお金を振り込み、誕生日を一緒にお祝いできない父親は、ここにメッセージを残して、いつか娘の目にとまれば・・・と思いました。

2年前に、コハルの母親に連絡しました。
8年間、ずっとずっと身を引いて我慢していた気持ち。

娘のことが知りたい、娘の今の姿を見たい

きちんと説明したかったが、やはり話になりませんでした。
主人がどうの、義理親がどうの・・

パパが知りたいのは自分の娘の「今」、それだけなのですが

最後に「小桜が私の情報を伝えてほしくない」と言っている

のだそうで。

それでも、自分の娘を信じる!と2年待ちましたが、実親がたった一枚の娘の写真をメールでもらうのに、誰の許可が要るのか?
そのアドレスすら母親は聞く気が無い。

この投稿が、娘にいつか伝われば・・・と、孤独に続けてきましたが、かなり悩んだ末の決断です。

最後の祝辞

小桜、お誕生日おめでとう!
そして、充実した生涯を全うできますよう!


                  小桜の父より











158) 愛する我が子へ
コハルパパ
2017-5-14 19:08
常連
お誕生日おめでとう。

11歳になりましたね。

一年に一度だけ、メッセージを送るようにしていますが
いつ、この想いが届くかはわかりません。

コハルの誕生日は昨日でした。
パパは、ずっと続けてきたこのことを悩みました。

去年、パパは自分の胸の中に鍵をかけてしまっておいた箱を
開けました。

コハルの事が知りたい、大きくなったコハルの姿が見たい。

ただ、それだけでした。

コハルのママしか手段が無く、連絡しても
的外れなことばかり言われました


こちらにも生活があることを察して下さい
今の主人がどうの
祖父母がどうの
コハルの情報を開示するに値するか、パパが今、どんな仕事で
何をやっているか言え

最後に、コハルが自分のことを言わないでほしいと言っている。

と。

パパは、一つだけの願い

自分の娘のことを知りたい

再婚して、新しいお父さんと暮らす邪魔をしてはならないと
ずっとずっとこらえて我慢してきました。

ただ一つの願いも聞いてもらえない

自分の子供のことを知りたいだけで、誰の許可がいるのか


コハルがパパに知らせるなと言っている、と聞かされて
信じるつもりも無いけれど、もしそうであっても

パパはそれを受け止めることにしました。

会えない娘。

それでもいい、娘が元気に暮らしている

学校でバトンをしていて、公文をならっている

この二つだけ教えてもらえました。
そんな些細なことだけでも、離れ親にとっては収穫なのです。

小桜、あなたの名前はパパがつけました。

何を言われようが、願いが届かなくても
やはり娘を愛しています。


もし万が一、コハルがパパのメッセージに気づく事があるとすれば
ずっとずっと先の事だとわかっています。


もしかしたら、コハルが親になっているかもしれません。
パパはこの世にいないかもしれません。

いつになるかわからなくても、やっぱりパパは待っています。

コハルに直接、おめでとうと言える日を。

小桜、素晴らしい一年でありますように!






157) 小桜へ
コハルパパ
2016-5-13 14:39
常連
お誕生日おめでとう!

10歳になりましたね。
パパは毎年、コハルの誕生日はここにメッセージを残しているんだけど、どうやらお休みしているみたいで、うまく投稿されません。
でも、ずっと続けるつもりです。
コハルと会える日までは。

コハルが大きくなっていくぶん、パパも年をとっています。
でも、コハルの毎日に比べたら、パパの日常はそれほど変化無いかな?

学校は楽しいですか?
お友達は?
お勉強は面白くないかな?

パパは算数は苦手だったけど、国語は得意だったよ。
かけっこは苦手だったけど、水泳は得意だったかな。

コハルは?

たくさんのお話したいことがあります。
そして、パパは毎日、コハルを待っています。
かわらず、コハルのパパはここにいます。

いつでもおいで。


小桜へ、10歳のお誕生日あめでとう!
素敵な一年になりますように。


             コハルのパパより


156) 小桜へ
コハルパパ
2015-5-13 12:39
常連
小桜、お誕生日おめでとう!
9歳になったね。


5月13日、一年はあっという間に経つなぁと毎年パパは思います。

そして、小桜と最後に会った日から、どんどん年月が経つのは少し寂しい気持ちです。

でも、やっぱりパパは頑張っています!

いつでも小桜に会えるよう、そして小桜のパパとして、毎日毎日をしっかり生活しています。

いつでも小桜が連絡できるよう、電話番号もメールアドレスも変えていません。

パパの名前で検索すれば、小桜はいつでもパパに電話できるよ。

パパは、いつでも待っています。
いつまでも待っています。


パパの娘、大好きな小桜へ

お誕生日おめでとう!



155) 愛する我が子、さく(さーちゃん)へ
joy
2014-9-26 2:01
長老
さく(さーちゃん)
14歳の誕生日おめでとう。
14歳の誕生日の一日が、そして14歳としての1年が
楽しく良い事がいっぱいありますように祈っています。
  お父さんより


154) 小桜へ
コハルパパ
2014-5-13 12:20
常連
小桜、8歳のお誕生日おめでとう!

毎年、新しいカレンダーに、何よりも先に印をつけるのが今日のこの日です。

パパの一年間は、日々そんなに変化は無いけれど、コハルの毎日はすごくたくさんの色々な事があると思います。

楽しい事も、悔しい事も、悲しい事も、嬉しい事も、自分では気づかないうちに勉強になっているんだよ。

もしも、つらくて涙が出そうな事があったら、パパを思い出して欲しい。パパは一人で頑張っているよ。そしてコハルを待っているよ。

もしも、嬉しくて楽しくてたまらない事があったら、パパと会う時までの、おみやげにして欲しい。たくさんためて、コハルがお話してくれるのをパパも楽しみにしています。


コハルのパパは、ずっとここにいます。


お誕生日おめでとう!
大好きな小桜へ


コハルパパより



153) さーちゃんへ
joy
2013-9-26 7:27
長老
さーちゃん(さくらさん)
お誕生日、おめでとう。

誕生日の今日が、さくらさんにとって
楽しい一日になりますように。

また、素敵な13歳の1年となりますように。


152) 小桜へ
コハルパパ
2013-5-13 10:40
常連
小桜、おたんじょうびおめでとう!

7さいになったね。

パパの夢にでてくるコハルは、すごくちっちゃいけど、ほんとうのコハルは、もっとおっきくなっているから、パパは大きく成長したコハルにあうのが、すごく楽しみです。

お勉強はがんばっていますか?

学校は楽しいかな?

お友達は何人いるの?


パパは、いっぱい、お話したいことがあるよ。

パパは、まいにちまいにち、コハルのことをおもっているよ。


いつもパパは、まいにち神社にお参りしてるんだけど、今朝は神様におねがいしたよ。

元気なコハルに早くあえますように

それまで、パパもまいにち、しっかりがんばっています。

いつでも、おいで。

いつでも、パパを呼んでいい。

いつでも、電話していいよ。

パパは、コハルが大好きです。



大好きな小桜、お誕生日おめでとう!



                小桜のパパより


151) 愛緒へ
NOONE
2013-4-20 2:10
一人前
元気にしていますか?

離れ離れになって、かなりの時間が経ちました。

色々なことがあったけど、パパはどうにかこうにか元気にやっています。

来年はいよいよ受験だね。

何かあればいつでも遠慮なく連絡してきてください。

パパはずっとずっと君のパパのままです。

大好きな愛緒へ。


150) さーちゃんへ
joy
2012-9-26 7:18
長老
さーちゃん

『12歳の誕生日おめでとう。』

さーちゃんは12年前の午後に
お母さんから生まれ元気な産声を上げました。

さーちゃんが産まれ生まれる時
お父さんはその場に居て
さーちゃんと初対面しました。

それまでは、お母さんのお腹を通してしか
さーちゃんとお話出来なかったので
直接、話し掛けられるのでとてもうれしかったのです。

さーちゃんは、その時赤ちゃんだったけれど
今日で12歳、身体も大きくなったでしょうが
心も大きくなってほしいと思っています。

大好きな、さーちゃん
ふたたび、誕生日おめでとう。 お父さんより


(1) 2 3 4 ... 16 »

離れて暮らす子どもへの手紙は、我が子と離れて暮らしている「お父さん、お母さん」から愛するお子さん達へのメッセージです。
関連図書(新刊紹介)

皆さんの推奨アイテム紹介


Copyright (c) 2005 Fathers'Website All rights reserved.