「親子の絆ネットワーク」ファーザーズウェブサイト 親子の交流を守る会
ユーザログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

メモリーズ(旧コンテンツ)

アクセスカウンタ
総計 :2440575244057524405752440575244057524405752440575

皆さんからの推薦アイテム : エントリ

  ≪  1 ... 20 21 22 (23) 24 25 26 ... 60  ≫  
ステップキンと7つの家族―再婚と子どもをめぐる物語
永田 智子(イラスト), Peggy Lumpkin(原著), 中川 雅子(翻訳)
Fs’エンジェル ( 2006/05/07 )

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「ステップファミリー」とはちょっと耳慣れない言葉かもしれませんが、子
ども連れで再婚した家族のことです。”イジワルなままはは”にシンデレラが
いじめられたのは、遠い昔のお話のなかのこと。ステップファミリーという
言葉には、もっと明るくて前向きなニュアンスが感じとれます。

 幼少期の子どもをもった離婚がふえるなか、再婚(あるいは再々婚)を選
ぶ人も多くなり、子どものいる家族の内実は多様化しています。そこでの悩
みもまたさまぎま。パートナーと子どもとのあいだに立つ実親の葛藤もあれば、
相手の連れ子との関係を築くステップ親の苦労もあります。
 そしてもうひとつ、家族の大きな変化に直面する子どもの悩みがあります。
 新しいパートナーに自分の親をとられてしまうのではないか、離れて暮ら
す親とはもう会えなくなるのか、新しい親と仲よくなるのは別れた親への裏
切りではないか・・・。親にば言えずにいた子どもの思いを、この本に登場す
る妖精ステップキンたちはやわらかく受けとめ、”今日ここから”のためのヒ
ントと知恵を語ってくれます。子どもには変えられないことがあるけれど、
変化にむきあう方法はあるよ、と。


 親子で面とむかっては話しづらいことでも、物語を媒介にすることで会話
のきっかけができる、そのための工夫が本書にはちりばめられています。
 ステップファミリーにとどまらない、家族づくり・家族育てのヒントを読
みとることができる本です
¥1,785 |  セールスランク:253562
在庫あり。
コメント (0) | クリック(10451) | 評価 (0.00 / 0)


商品情報表示
  ≪  1 ... 20 21 22 (23) 24 25 26 ... 60  ≫  

注意事項:
  • カートに入れるボタンは、この商品をアマゾンのカートに追加するものです。このボタンをクリックしただけでは購入手続きとはなりません。気になった商品はカートに追加しておき、後で正式な購入手続きを行うことができます。
  • このページの表示内容はアマゾンのウェブサービスを用いた情報となっています。在庫状況や価格はタイミングによって変更されることがありますので、アマゾンのサイトで購入手続きを行う際にもう一度確認してください。
  • このページの表示内容は商品提供者、アマゾン、当サイト管理者等が著作権を有しています。内容のコピーや流用は行わないでください。
関連図書(新刊紹介)

皆さんの推奨アイテム紹介


Copyright (c) 2005 Fathers'Website All rights reserved.